不動産査定で査定額が大きく異なる

査定を行ってくれるのは査定の後の媒介契約が目的

不動産査定で査定額が大きく異なる 不動産の査定を受けるときには、いくつかの不動産会社の査定を受けるのがよいでしょう。というのも、一つの不動産会社だけでは、相場とかけ離れた価格を提示される事もあるからなのです。不動産会社が査定をしてくれるのは、親切でしてくれているというわけではありません。実際に査定をして、そして媒介契約を結ぶことを目的としているのです。媒介契約というのは、その不動産を不動産会社が販売するという契約の事です。これが目的ですから、不動産会社としても自社と媒介契約を結んでくれるように色々な手段を考えてきます。その一つがより高い査定価格を定時するという方法です。
色々な不動産会社の査定を受けて、その中で高い査定価格を示してくれた不動産会社があれば、その不動産会社と契約を結ぼうと考えるのではないでしょうか。しかし、相場としては4000万円くらいの不動産に対して、5000万円の査定価格を提示するという事もあります。このような不動産会社と契約をしたとしても、4000万円のものが5000万円で売れるとは限らないのです。実際に売買の契約をするときになって価格交渉が行われ、そして提示された査定価格よりも安く売らなければならないという事も考えられます。これは不動産会社のテクニックであるとも言えるでしょう。ですから、複数の不動産会社の査定を受けて、自分で相場がどれくらいなのかということを把握しておくことも必要となってくるのです。

Copyright (C)2022不動産査定で査定額が大きく異なる.All rights reserved.