不動産査定で査定額が大きく異なる

マンション査定での査定価格に影響を与える条件

不動産査定で査定額が大きく異なる 同じマンションであっても、色々な条件によって査定価格は異なってきます。査定価格に影響を与える条件というのを知っておくことは必要になってくるでしょう。マンションの査定価格は、基本的に取引事例比較法に基づいて計算されます。同じマンションで同じ条件なら同じくらいの価格になるというように考える事ができるでしょう。同じマンション内でも条件は異なってきますから、もちろん査定価格も異なってくるという事になるのです。例えば、室内の状況というのも影響を与えますし、日当たりの良さや階数なども査定価格に影響を与えるのです。
階数によって査定価格も影響を受けますが、一般的な傾向としては、上の階に行くほど査定金額は高くなると言えるでしょう。中古マンション価格査定マニュアルによれば、1階上昇する事によって0.5パーセントずつ査定価格が上昇するという事になります。ただし、1階では専用庭がついている事も多いために、1階だけは別に考えておく必要があるでしょう。高層マンションなら上に行けば行くほど査定価格は上がると考えられます。中層マンションでエレベーターがない場合には、2階に人気が集中するという傾向はありますから、評価の方法も異なってくるでしょう。マンションでは向きも重要なものとなってきます。日当たりの悪い部屋というのは、あまり人気がありませんから評価も低くなります。南向きが最も評価が高く、そして東西、北という順になっています。

Copyright (C)2022不動産査定で査定額が大きく異なる.All rights reserved.