不動産査定で査定額が大きく異なる

取引事例比較法という査定方法で査定をする

不動産査定で査定額が大きく異なる 査定方法には色々ありますが、その中でも取引事例比較法というのは査定の中でも重要なものであるといえるでしょう。取引事例比較法というのは、過去の取引状況の情報を元にして、その不動産がどれくらいの価格で売る事ができるのかということを算出するものです。取引事例比較法の他にも原価法や収益還元法というものがありますが、住宅として用いる物件には取引事例比較法が用いられることが多いと言えるでしょう。不動産の目的によって査定方法は異なっていると考えられるのです。例えば、新築の物件の場合には原価法が用いられるという傾向はあるでしょう。どれだけのコストがかかったのかということを元に計算するのが原価法なのです。
収益還元法というのは、どちらかというと収益物件に対して行われる査定方法と考えるべきでしょう。収益物件を売却するときには、その収益に応じて価格が決められるということがあります。ですから、住んでいるマンションを売却しようと思った場合には、取引事例比較法が用いられるという傾向は強いのです。取引事例比較法を不動産会社が行うためには、色々な取引事例の情報が必要となってくるでしょう。その情報は不動産会社によって異なっています。不動産会社によって異なっていますから、異なる不動産会社に査定を依頼すれば異なる査定価格が提示されるという事も多いのです。マンションなどでは取引事例比較法に基づいた簡易査定で、かなり正確な金額が分かるでしょう。

Copyright (C)2022不動産査定で査定額が大きく異なる.All rights reserved.